為替介入のニュースについて

為替の値動きは、時事ニュースと大きく関わっています。
相場の予測を立てるためには、ニュースに敏感になり常に新しい情報を入手する姿勢を維持することです。

為替の動きに響いてくるのは、どのようなニュースなのでしょうか。
為替介入のニュースはその中心となるものです。
この為替介入とは外国為替相場に対して、相場に何かしらの反応をさせるために
通貨当局が外国為替の売買を実行することをいいます。
日本では財務大臣の権限において実施されます。
東京市場に政府・日銀が自ら行う単独介入や、他国と協議をした上で同時に行う協調介入があります。
どのくらいの規模や金額での介入なのかというのは、外国為替平衡操作の実地状況という外務省が出す情報から理解できます。
実際に介入をせずとも政府高官や通貨当局などが為替介入の姿勢を見せることで、
値動きを誘導しようとすることもあります。
実際に介入を行わず、アナウンス効果だけを目的とした発言のみの介入を口先介入といいます。
介入のニュースを多くの投資家が気にするのは、為替介入による値動きは大きなものになることがほとんどだからです。
値動きが大きくあったときには、介入の可能性があるとして、変動が自動的に緩和される場合もあるといいます。
日本銀行は2004年4月以降に為替介入を行っていません。
望んでいた方向に相場を誘導することがかなわなかったというニュースもあったのが、
2003年から2004年にかけて行われた為替介入だそうです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ

イメージ画像