ユーロと外国為替について

ユーロは外国為替の中でも取引量が多い通貨のひとつです。
ユーロは、ヨーロッパの経済通貨同盟で利用されている統一通貨です。

ドイツ、フランス、スペイン、イタリアで主に利用されており、ドイツがその中でももっともこの通貨を利用しています。
米ドルの次にユーロが1999年に使用がスタートしてから一定の期間は大事な位置を占める通貨をされてきました。
第二の基軸通貨とも呼ばれ、各国の中央銀行の外貨準備として扱われていたり、
国際的な資金決済を行う場合に盛んに使われていたこともありました。
通貨同盟にさまざまな問題点が出てきて、為替の存続ができるかどうかも怪しくなってきているのが最近の傾向です。
ユーロが使われている地域をユーロ圏といい、複数の国で成り立っている通貨という特徴があります。
一つの通貨を使いながらも、各国それぞれの経済事情があるという特殊な為替通貨でもあります。
国家経済の調整をすることが、為替レートの変動によって困難となる通貨だといえるでしょう。
以前から心配されてきたのが、ユーロ圏各国の経済格差や、政治的な圧力だといいます。
現在はそれが表面化した形であり、ユーロ経済は難しい局面に立たされていると考えることができるでしょう。
最近はユーロを保有して為替取引をすることは、慎重に検討することが不可欠だといえます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ

イメージ画像